整骨院のリーフレット制作のタイミング

リーフレット制作のポイント整骨院編

整骨院のリーフレットをリニューアルしてみる

1年間を通して売上予測を立て、リーフレット制作に反映する

今現在整骨院でお使いのリーフレットの効果が薄い気がする・・・といった方には、リーフレットをリニューアルしてみるのも手です。
「リーフレットの在庫が少なくなってきたから増刷のついでに」といったタイミングを迎えられている整骨院様はもちろん、現在使用しているリーフレットの効果に疑問をお持ちの方にもおすすめできるのが、リーフレットのリニューアルです。
しかし、リニューアルといってもどのように変えていいのか分からない、特に新しいメニューがあるわけでもないので掲載内容にどう変化をつければいいのか分からない、といった方も多いと思います。
そこで、整骨院のリーフレットをリニューアルして制作するタイミングのヒントとして、季節を取り入れるという方法をご紹介させていただきます。

四季を取り入れた整骨院のリーフレットの制作

日本には四季があり、その季節ごとのニーズもまた変わってきます。
そのため、リーフレットにもシーズンによって変化をつけるという手があります。
商品販売業のノウハウの中に「季節指数」として捉えられるものがあります。基本的には年間販売額を月額販売額で割って月の平均を求め、この数値を100とした時に、この平均額に対する各月の販売額を%で示したものが季節指数です。季節商品は需要がシーズンごとに集中し、販売業ではその期間にチラシで徹底的に訴求していきます。
季節商品を用意することで、客数が増え整骨院の活性化や、他の治療へのきっかけともなります。

次に季節ごとの主な需要を挙げていきます。

  • 1月
    整骨院・鍼灸治療院も年末・年始の休暇明けということで必然的に営業日数が少ない月になります。患者の日常支出が前半に偏っているので客足は遠のきがちですが、年始の抱負としてダイエットを目標とする方も多いのでダイエット系のメニューを中心にモーションをかければ集客につながりやすいです。ただしダイエットキャンペーンはチラシ制作などにより前年度の年末から先手を打っておく必要があります。また、新春キャンペーンとして、物品の販売や回数券の販売にも活用できる月となります。
  • 2月
    世間では2・8(ニッパチ)と呼ばれて全体的な消費が冷え込む時期となります。しかしバレンタインデーなど全国的なイベントもありますので、DMやチラシなどを活用しながら集客を狙いましょう。また1月から続く新春のダイエット系も狙いやすくなっているので、バレンタインデーに向けたダイエット企画や美顔鍼を前面に出してもいいかもしれません。
  • 3月
    少しずつ気候も良くなり、春の訪れを感じさせる季節です。身体も動かしやすくなってきて4月の新シーズンに向けて何か新しいことを始めたいという意識も高まる月です。人は厳しい寒さから明ける月、厳しい暑さから明ける時期に活動的になるものです。また、仕事をしている方にとっては年度末ですので特に営業や経理部門には忙しく疲れがたまりやすい月となります。そういった顧客へ向けて、肩凝り、腰痛、疲労回復系に特化したメニューを用意しておくのもよいでしょう。
  • 4月
    新年度が始まり、入学、入社など社会に新しい顔が加わる月です。人の流れが増加しますので、整骨院の近隣にオフィス街や大学がある場合は、新しい人々に整体の効果をアピールする絶好の機会となります。チラシなどを使うのもよい手ですが、既存の顧客に紹介などを誘致するキャンペーンを打つと非常に効果的です。さらに患者にとっても新しいスタートを切るには良い月です。春から始める体質改善を薦めるコースなども用意しておくと売上につながっていきます。
  • 5月
    ゴールデンウィークがありますので、営業日数が削られます。少ない営業日で効果的に売上を上げるために「夏に向けての体作り」「夏を目指したダイエット」などを題材にメニューを組みましょう。
  • 6月
    梅雨の季節で、湿度も高く身体がだるくなり、体調を崩す方も多い季節です。また、企業では株式総会を抱えて、特に経理部門の会社員には辛い時期となります。5月に引き続き、6月も夏前の準備月とながらも、疲労回復・体質改善をアピールしていきましょう。湿度が高いと身体の調子が狂い、関節にも影響が出てくるのでマッサージや整体をはじめ、鍼灸も人気がある時期です。
  • 7月
    夏の賞与が出るので消費は高まると思われがちですが、近年は不況であまり高額なメニューには反映されにくいようです。一気に高額なメニューをアピールするよりも、いよいよ夏も本番となりますので、やはり速攻性をいち早く感じるダイエット系のメニューが有効となります。薄着で出歩くことが多い季節ですので、身体のラインを気にする顧客には減量効果のあるメニューが非常に訴求力があります。また、元来むくみなどは冷え込む冬に多い症状でしたが、この頃ではオフィスやスーパーでの冷房が影響して、夏のほうがむくみやすい季節にもなってきており、そんなむくみを改善するリンパマッサージや小顔矯正にも顧客の注目は集まりやすいです。
  • 8月
    お盆休み・夏季の長期休暇があり帰省する人も多く、オフィス街にある整骨院では来院数が減る可能性の高い月です。このように会社勤めの顧客を狙いにくい月は、女性を中心とした日焼けなどのケア対策、美肌、ホワイトニング関連など単価の高いメニューを充実させましょう。また、夏バテの人も多くなる時期ですので、リーフレットには休暇中に短期集中してケアできるコースの提案などを掲載してみるのもよいかもしれません。
  • 9月
    真夏を過ぎても残暑の厳しい季節ですが、女性は秋の先取りでブーツなどを取り入れたファッションの人が出てきます。そして、秋に向かうにつれて、食欲増加によるリバウンドを気にする人も多くなってきます。後半になるとだんだんと気候も落ち着いてきて、動きやすくなりますので、新しく何かを始ようとする気持ちが高まってくる時期です。そのモチベーションの高まりに合わせてリーフレットではトレーニング系、ダイエット系、骨盤矯正のメニューをアピールしていきましょう。
  • 10月
    一年も後半に入り、早くも年末を意識し始める人が出てきます。服装は徐々に露出が少なくなっていきますが、食欲の増加・発汗の減少による体重の増加を気にする人が多くなります。そして、気温が下がることにより体調を崩しやすくなったり、夏の疲れが出やすい時期になりますので整体や鍼灸、マッサージによる体調のケアなどに人気が出る月です。
  • 11月
    年末に向けて、会社勤めの方はもちろん、お店など自営業の方々も忙しくなる時期です。疲れを貯めずに年内を乗り切りたいといった要望が出てきますので、誰でも気軽に受けられるマッサージなどで、新規顧客を獲得しやすい時期です。また、若い女性ではクリスマスに向けてダイエット意識が高まる時期でもあり、そういった女性のニーズを中心とした、美顔や小顔、骨盤矯正をはじめとしたウエスト周りのダイエット系のメニューを中心にしても効果があります。
  • 12月
    いよいよ最終月となり、世間の雰囲気も慌しくなってきます。連日の忘年会に仕事の追い込みといった体に負担のかかる時期となり、疲労が溜まっている方も多くなっています。骨盤矯正、リンパマッサージなどで身体をリセットながらも、スタイルを改善できるメニューが男女を問わず、需要の高まりを見せます。年末は休業される整骨院・鍼灸治療院は多いので、あえて営業することで普段は他院に流れている人を集客できる可能性もあり、自院のスタッフが確保出来るのであれば、年末も営業してみるのも新規顧客獲得のひとつの手段かと思われます。

整骨院の年間スケジュールを踏まえてリーフレット制作を

リーフレットのリニューアルには、増刷費に加え、デザイン費が発生します。しかしできるだけ無駄な出費は押さえたいものです。そのために整骨院様の方でも出来るだけ月単位の利益が分かるように季節要因などを事前に調べて対策を立てておくことが重要です。
1年を通して、月ごとのメニューの売り上げの推移や特徴がひと目でわかるようにエクセル等でカレンダーを元に書き込んだり入力しておきます。前年の売上なども表示できるようにしておけば、より具体的な対策が立てやすくなります。

チラシやDM、ポスター制作をリーフレット制作と平行して行う

はがきやチラシの新聞折込、店内・店外のポスターなどをリーフレット制作と同時に行いながら、一年の流れを視野に入れた広告を行うことで、毎月の売上の確保がしやすくなります。
チラシなどを配った月は別にマークしておき、通常の流れとは違う売上だったこともわかるようにしておきましょう。成功事例は次年度にも継続していきたいので、できるだけ同条件になるように前年度の事例の正確な分析を心がけましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA