士業の「資格」だけで売れるには難しい時代になりました

リーフレット制作のポイント士業編
今までは、士業に資格さえ持てば一生食べていくのには困らないと言われていた時代もありました。かつては実際に弁護士、税理士、司法書士などなど士業の資格さえ取得できれば仕事はどんどんと入ってきていたのです。

しかし、今では資格はあっても若手士業だけではなく、ベテランの士業さんでも厳しい時代に入ってしまいました。
その理由の一つとしては、これまでは独占的に獲得できていた仕事にも異業種が参入してきて、仕事を奪われているという状況なのです。
例えば、税理士さんに関して言えば「税金の計算をする」といった主な業務があります。以前では、その「税金の計算をする」といった業務に合わせて帳簿を付けたり、給料の計算をしたり、決算書を作成したりといった業務や顧客からの相談に乗ったりしながら、顧客側も「お金や税金の事は無条件で税理士に任せておけば安心だ」という考えでした。しかし、現在では国の権利に守られている「税金の計算をできるのは税理士」という以外の業務、つまり帳簿を付けたり、給料の計算をしたり、決算書を作成するといった業務をさらに安く提供し始めたのです。
もちろんお客様側からすれば、内容が同じなら安く済めばその方が良いとおもわれるのは自然な事であり、それらの業務は価格の安い事業会社に任せて、税金の計算のみを税理士に依頼するといった事がおこりつつあります。このような事が他の様々な士業でも起こり、価格競争が起きているのです。最近、当店で制作いたします士業関係のリーフレットやパンフレットでも、価格をできるだけ明瞭にして掲載したり、他の士業とのつながりを売りとし、ややこしい手続きでも一貫して任せられるといったメリットといえるサービスの記載が増えております。昔は士業関連のリーフレットにはそう必要のなかった「売れるための仕組みづくり」と「売れるための見せ方」がリーフレットのデザイン、原稿の制作の段階から必要となってきているのです。当店では豊富な経験と、知識により、「売れるための士業リーフレット」の制作を行っております。
当事務所は兵庫県の西宮ですが、お電話やメールなどにて東京や横浜、名古屋や大阪、そして福岡や札幌といった全国各地の士業様よりご相談を頂いて、実際にデザインから印刷までを一貫して承っております。リーフレットを作りたいが、何をどうすればいいのか…などといったご質問から、印刷などに関するちょっとした疑問にまで柔軟にお答えしておりますので、まずは是非お気軽にお問い合わせくださいませ。

士業,弁護士,税理士,司法書士,税金,業務,決算書,作成,制作,リーフレット,パンフレット,掲載,売れる,デザイン,原稿,兵庫県,西宮,東京,横浜,名古屋,大阪,福岡,札幌,全国,印刷


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA