士業にも広告戦略が必要な時代に

リーフレット制作のポイント士業編

実は士業の仕事は競争の激しい世界でのビジネスなんです

以前までは、いわば独占市場的な立場でいられた士業関係の仕事にも、いよいよ他業種の新規参入が始まり、士業の仕事も「ビジネス」となってきました。
しかし、実際の先生方の中で「士業の仕事は競争の激しい世界でのビジネス」という意識を持たれておられる方はいかほどおられますでしょうか?

チラシやリーフレットなどを効果的に使った営業力を手に入れる!!

例えば、税理士や会計士などにとってのお客様となる事業主様。この事業主様が一番相談したい事といえば、経営の相談やアドバイスです。しかし、税理士や会計士、司法書士などの先生方が潤滑な経営をできていなければ、アドバイスなどできますでしょうか?
今となっては、マーケティングを徹底し、経営戦略を練って挑むべき仕事になった士業のお仕事ですが、これらの準備を確実にできておられる先生方はあまりおられないのが実情なのです。
看板を出して、適当に名刺を作って、余裕があればリーフレットでも作っておけば勝手にお客様が相談に来られる…こう思われておられる先生方もたくさんおられます。相談に来られる企業主様は、毎日必死に経営やビジネスの事を考えて、そのアドバイスやヒントをもらいに相談に来られます。さて、先生方はご相談主様のような必死さで仕事を取りにいっておられるでしょうか?
通常の事業主様と違い、弁護士や司法書士、税理士、行政書士、会計士など士業関連の先生方の業務は国から一定の保証があります。国は難関である士業の資格を獲得された先生方に対して、信頼の意味も込めて「士業の資格を持つ者にしかできない独占的な業務」を保証しているのです。
しかし、その業務の全てが国から守られているわけではありません。この、国から守られていない部分に他業種が気づき、参入されているのが実情です。さらに国は士業に係らず、様々な業種で規制緩和を進めようという方向であります。この規制が緩和されてしまってから、貴事務所を守りきるにはどのようにしたらよいでしょうか?
士業の先生方がこれから必要とされる能力は「営業力」です。しかし、この営業が苦手である先生方も非常に沢山おられるのです。今後を生き抜いていくためにこの「営業力」を磨いていかなければならないことは必須であります。
お客様へのメリット・価格・提案力・そして先生方の力量ともいえる提供するサービスの商品力を磨き、チラシやリーフレット、ホームページなどの営業ツールを駆使した広告力があれば、効果的な営業は可能なのです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA